ひな人形作家

頭師:大塚 玉映(おおつか ぎょくえい)

大塚玉映
昭和18年 埼玉県岩槻市に生まれる。
昭和35年 頭師の第一人者、父 大塚喜一に師事。
頭製作の修業を始める。
昭和63年 皇太子妃殿下(現皇后陛下)
清子内親王殿下に人形製作の御見学を賜る。
平成10年 東玉 匠頭を発表し、好評を博す。
平成13年 伝統の桐塑頭(とうそがしら)を復活製作し話題となる。
平成16年 江戸時代の享保雛の頭を、桐塑で復活製作。
平成20年 天冠付き桐塑頭を製作発表する。

 

人形職人の家に生まれ、幼少の頃から自然におひなさまにふれてきた。
母が子を思うように、小さなお人形も末永く可愛がって下さる方の側にいてほしいと願いつつ、心を込めて製作を続ける。

頭師:大豆生田 博(おおまみうだ ひろし)

大豆生田博
昭和42年 埼玉県岩槻市に生まれる。
昭和63年 人形師 安生仁一氏に師事した実父・初代大生峰山の下、頭製作を始め技術を研鑽。
平成21年 経済産業省指定伝統工芸品岩槻人形の伝統工芸士に認定。(頭部門)
平成21年 第49回東日本伝統工芸展に入選。 第56回日本伝統工芸展に入選。
平成22年 第50回東日本伝統工芸展に入選。
平成27年 雛匠 東玉にてオリジナル新頭を発表 好評を得る。

人形師:島田 輝祥(しまだ きしょう)

島田輝祥
昭和17年 埼玉県岩槻市に生まれる。
昭和36年 人形製作の修業に入る。
昭和40年 独立して島田輝祥を名乗る。
昭和60年 有職(ゆうそく)束帯(そくたい)雛(びな)を発表。
平成11年 天皇御在位十年記念 江戸雛を製作発表。
平成13年 明治時代に流行した古今雛を復活製作する。
平成19年 「岩槻人形」が伝統的工芸品指定を受け、記念として五番親王を製作発表する。
平成25年 鍾馗シリーズを製作、好評を博す。

 

おひなさまをつくるとき、いつも心に浮かぶこと、それは「飾る娘(こ)たちの限りない幸せと、健やかな成長」
有職(ゆうそく)雛(びな)の作風に丹精をこめ、これからも世におくり続けていく。

人形師:東之華(とうか)

東之華
昭和53年 鹿児島県に生まれる。高校卒業後、上京。 百貨店主催の催事にて、人形職人・東之湖の創作実演を目にしたことがきっかけで、人形衣装に魅了され、次第に平安時代の宮廷装束や色彩学を学ぶようになる。
平成16年 滋賀県近江市在住の人形師・東之湖に師事。
平成21年 東玉特選作家として、オリジナル創作源氏雛を製作発表する。
平成22年 オリジナル創作立雛を製作。 現在、親王飾りや創作雛のバリエーションを増やし、好評を博している。 平成26年:創作源氏物語雛を発表。

 

トレンドカラーと伝統色を組み合わせ、伝統の中にも新しい感覚を取り入れた、私なりのひな人形をつくっていけたら幸いです。
人形を通して若い世代に日本文化の美しい伝統を伝えていきたいと考えております。

人形師:小幡 峯陽(おばた ほうよう)

小幡峯陽
昭和44年 愛知県名古屋市に生まれる。 色彩や構図、デザインを大学時代に学び、父である初代 小幡峯陽に師事。雛人形師を志す。

平成18年 名古屋伝統産業協会より『伝統産業優秀技術者表彰』を受賞。
平成24年 名古屋技能職団体連合会より『優秀技能者表彰』を受賞。
平成26年 徳川美術館ロビーに雛人形を展示。

 

お雛様で一番大切なのは綺麗さです。
綺麗に造ることは職人としての誇りです。
『左右対称』・『型くずれしない』など、永きにわたりご満足してお飾り頂く為、職人として最善を尽くしております。
是非、こだわって仕上げたお雛様を手にとりご覧ください。

人形師:黒田 廣司(くろだ ひろし)

黒田廣司
埼玉県伝統工芸士

昭和23年 埼玉県越谷市に生まれる
昭和38年 先代の人形師・実父 黒田政之烝(クロダマサノジョウ)に師事、人形製作を始める。
昭和49年 修行・研鑽ののち、人形師として独立、工房を構える。
平成8年 越谷人形組合に再加盟。
平成17年 埼玉県より埼玉県伝統工芸士に認定される。

 

現在、京雛と関東雛の良さの融合に努め、束帯・十二単衣の人形製作の研究を行っている。

木目込人形師:柿沼 東光(かきぬま とうこう)

柿沼東光
平成11年 東京都知事認定伝統工芸士
平成12年 通産大臣(現経済産業大臣)認定伝統工芸士、(一社)日本人形協会 東京支部支部長、東京都雛人形工業協同組合
平成17年 東京都伝統工芸品産業感謝状
平成18年 伝統的工芸品産業功労者褒賞、関東経済産業局長賞、(社)東京産業貿易協会感謝状、(社)東京節句人形振興協会感謝状
平成19年 東京都産業労働局長感謝状
平成20年 日本伝統工芸士会功労者表彰
平成21年 東京都知事表彰(産業振興功労)、経済産業大臣表彰(伝統的工芸品産業振興)
その他、受賞歴複数有。

女流作家:喜久絵(きくえ)

喜久絵
昭和45年 東玉工房に入門し風俗人形の戸塚玉芳に師事する。
昭和60年 工芸作家 鈴木賢一に師事。江戸木目込人形の製作に従事する。
平成元年 雛人形師 藤 比呂泰のもと有職親王雛の製作を学ぶ。
平成5年 東玉工房コーディネートアドバイザーに就任。
平成12年 東玉工房女流作家として喜久絵シリーズを発表する。
平成16年 節句人形工芸士に認定される。

 

『女の子の一生の宝物。飾っていて思わず笑みがこぼれるような、お雛さま』を作りたいと思い続けている。

女流作家:ゆかり

ゆかり

東玉工房、東玉人形学院で、埼玉県無形文化財である故・鈴木 賢一氏に師事し、伝統技術を学ぶ。
現在、江戸木目込み人形の企画製作に従事するかたわら、岩槻人形協同組合の研修会に参加し、技術の向上に意欲的に取り組む。
前さいたま観光大使。

染色家:小川 由起子(おがわ ゆきこ)

小川由起子
前橋市生まれ

昭和61年 東京デザインスクール テキスタイル専攻科卒
昭和62年 本染工房(故)竹澤要次郎氏に師事
平成2年 染と織 櫟(KUNUGI)設立
北海道ギャラリーでオリジナル作品を展示、好評を博す

平成28年 東玉オリジナル草木染、ひな人形・五月人形に携わる。

 

「ぼかし」の技術を取り入れた衣裳は草木染ならではで繊細で個性的です。
鮮やかなひな人形・五月人形をお楽しみください。