甲冑師 武蔵 雅峰(むさしがほう) 閲 歴

昭和二十二年 埼玉に生まれる
昭和四十一年 甲冑づくりの修業に入る
師は朝比奈朔太郎
昭和六十二年 東京都伝統美術技法修得の表彰を受く
平成 五 年 第十六回全国新作節句人形コンクールにて文部大臣賞受賞
平成 十一 年 和紙小札シリーズ新作兜を発表
平成 十三 年 国宝・重要文化財鎧四領を制作発表
平成 十九 年 小札に蒔絵を施した素懸縅鎧を発表
平成 二十 年 染色家、工藤華織とコラボレーション新作草木染鎧を発表

厳しい修練によって育まれた伝統技法のなかに、現代感覚をとり入れる甲冑師。鎌倉、南北朝
時代の甲冑を中心に研究し緻密な時代考証に基づく手づくりの技は高く評価されています。