甲冑師 小笠原 甲匠 (おがさわらこうしょう) 閲歴

昭和二十五年 静岡市に生まれる
昭和四十三年 甲冑づくりの修業に入る
昭和四十九年 甲冑師として独立する
平成 六 年 甲冑盛上金具を考案 独自の鎧兜を製作、発表する
平成 十一 年 和紙本小札、大鍬形之大鎧を発表
平成 十三 年 甲冑に飴色の白檀塗りを採用する
平成 十六 年 名将の鎧兜シリーズを発表
平成 十九 年 限定製作の新作鎧を発表し大好評を博す

日本男児の身を守り平和を守るシンボルとしての雛甲冑は古くからある日本の伝統美です。
時代を生きた武士たちの美意識、造形美にこだわって、今後も技をみがいていきたいと考えています。