人形師 東之華(とうか) 閲歴

昭和五十三年 鹿児島県に生まれる。高校卒業後、上京。

百貨店主催の催事にて、人形職人・東之湖の創作実演を目にしたことがきっかけで、人形衣装に魅了され、次第に平安時代の宮廷装束や色彩学を学ぶようになる。

平成十六年  滋賀県近江市在住の人形師・東之湖に師事。
平成二十一年 東玉特選作家として、オリジナル創作源氏雛を製作発表する。
平成二十二年 オリジナル創作立雛を製作。

現在、親王飾りや創作雛のバリエーションを増やし、好評を博している。

トレンドカラーと伝統色を組み合わせ、伝統の中にも新しい感覚を取り入れた、私なりのひな人形をつくっていけたら幸いです。人形を通して若い世代に日本文化の美しい伝統を伝えていきたいと考えております。